恋マジの松村北斗のハグと「部屋への誘い」に「ずるい」「絶対好きになる」という声が続出!

芸能
スポンサーリンク

女優の広瀬アリスが主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(通称:恋マジ/毎週月曜よる10時~ ※初回15分拡大)の第1話が、18日に放送。広瀬とSixTONESの松村北斗のシーンが注目を集めている。主演「恋なんて、本気でやってどうするの?」

本作は、恋に本気になれない6人の男女が人生最大の“本気の恋”に落ちていく姿を描く群像ラブストーリー。27歳にして恋愛経験ゼロ、それでも「恋なんて、人生のムダ!」と宣言する恋愛不要女子・桜沢純を広瀬、“来る者拒まず去る者追わず”の危険なイケメン・長峰柊磨を松村が演じる。

そのほか、西野七瀬・藤木直人・飯豊まりえ・岡山天音らが出演する。

(広瀬アリス)が失恋

(左から)広瀬アリス、西野七瀬、飯豊まりえ (C)カンテレ
(左から)広瀬アリス、西野七瀬、飯豊まりえ (C)カンテレ

純は、食器ブランド「相良製陶」の洋食器デザイナー。若きチーフとして上司からの信頼も厚い一方、恋愛や結婚には全く興味がなく、ある日街中でふと目にとまったフレンチビストロ「サリュー」でイケメンのギャルソン・柊磨に出会うも、料理と食器に夢中で彼には目もくれなかった。

そんな中、純の高校時代の部活の先輩で、たまたま同じ会社で働いていた坂入拓人(古川雄大)が、転勤先のシンガポールから帰国。高校時代から“推し”であった拓人との再会にドキドキする純だったが、突然拓人から「結婚することにしたんだ」と告げられる。しかもその相手は、仕事のミスをして泣いていた純の後輩・横井めぐみ(安藤ニコ)だった。柊磨(松村北斗)、純(広瀬アリス)をハグ&部屋へ誘う

(左から)飯豊まりえ、西野七瀬、広瀬アリス (C)カンテレ
(左から)飯豊まりえ、西野七瀬、広瀬アリス (C)カンテレ

複雑な気持ちを抱えたまま、2人の結婚式の2次会の幹事まで務め上げた純は、帰り道何気なくサリューに寄ってしまう。純が失恋したことを察した柊磨は、強いアルコールを求める彼女に料理を出してもてなした。

純は自分の母親が男性にだらしなく、男性に捨てられて泣いてばかりいたと振り返り、「だから私は、泣く女が嫌いなの。失恋して泣くとか本当馬鹿みたい。本当情けない。時間と労力の無駄」と明かす。

広瀬アリス (C)カンテレ
広瀬アリス (C)カンテレ

柊磨はそんな純を抱き寄せ、「泣いていいよ。泣きな、たまには」と優しく伝える。純は目を潤ませながら「好きな人がいたの。推しって言葉で自分の気持ちを誤魔化してた。傷つきたくなかったから。でも結局傷つくんだったら意味ないよね?誤魔化したって」と本音を漏らした。

柊磨は純の頭を撫でながら「僕の部屋この2階なんだ。部屋での方が、思いっきり泣けるよ」と話し、「2階に行って何するの?」と聞く純にキスをしようとする。顔を遠ざけた純に、柊磨は「もしかして怖いの?」と尋ねもう一度キスしようとするが、純は「やめてよ!」と1000円を置いて出て行ってしまった。柊磨(松村北斗)の行動に視聴者悶絶

広瀬アリス、松村北斗 (C)カンテレ
広瀬アリス、松村北斗 (C)カンテレ

サリューを出た帰り道、拓人とめぐみからの幸せそうなメッセージ動画を見た純。道路の向こう側に追いかけてきた柊磨を見つけ、「これじゃ足りないんだけど!」と1000円札を掲げる彼に抱きつき声を出して号泣する。

無言で純をぎゅっと抱きしめ受け止める柊磨。純は落ち着いた後、「泣いていいって言ったから」と言い放ち、その場を離れるのだった。

純を慰めハグをしたり、自分の部屋へ誘ったりする柊磨には「これはずるい」「こんなの確実に恋するよ…」「私も柊磨くんに慰められたい」など、1話から“沼落ち”する声が多数上がっていた。

タイトルとURLをコピーしました