驚異的な視聴率!?東京オリンピック開会式!コロナ感染拡大に批判殺到!?

芸能
スポンサーリンク

 

まさかの視聴率60%越え!?

 

東京五輪の開会式

NHKで23日夜に、約4時間にわたって生中継された東京五輪開会式の視聴率が発表されました。

東京五輪の開会式はNHK総合で19時56分~23時51分まで放送され、関東地区の世帯平均視聴率は56.4%、個人平均視聴率は40.0%、瞬間最高視聴率は世帯が61.0%、個人は44.7%でした。

瞬間最高視聴率は、歌手・MISIAさんが国歌斉唱を終えて、俳優・ダンサーの森山未來さんがダンスパフォーマンスを披露した場面と、各国の選手団が入場し始めた場面で記録しました。

番組の占拠率(テレビをつけている世帯・個人全体で該当番組を見ている割合)は、世帯が75.7%、個人が80.1%と、驚異的な数字を記録しています。

なお、開会式中継と同時間帯に放送されていた特番『ザ・ベストワン』(TBS系)は世帯平均視聴率が2.9%、個人平均が1.8%、『報道ステーション』は世帯平均4.1%、個人平均2.1%で、それぞれ前4週間の平均視聴率と比較すると、半分以下まで数字を落としていました。

2016年開催の前大会・リオデジャネイロ五輪は午前8時台からNHKで生中継され、番組の世帯平均視聴率は23.6%、瞬間最高視聴率は27.8%でした。

ゴールデン帯(19~22時)に放送された開会式では、2008年の北京五輪が世帯平均視聴率37.3%で、東京五輪はこれを20%近く上回る数字となっていました。

ちなみに、1964年に開催された東京五輪の開会式は、10月10日の13時43分からNHKで約2時間半にわたって生中継され、番組の世帯平均視聴率が61.2%でした。

タイトルとURLをコピーしました