【ネタバレ】『ボクの殺意が恋をした』第1話の視聴率は!?視聴者の感想は…ワースト記録更新とピンチなのか!?

芸能
スポンサーリンク

 

柊くんのコミカルさとシリアスさのバランス感覚は見事です。

 

中川大志と新木優子のドラマ『ボクの殺意が恋をした』の画像

俳優・中川大志さんが主演し、女優・モデルの新木優子さんがヒロインを務めるドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系 日曜22時30分)が4日からスタートし、第1話の平均視聴率が発表されました。

発表によると、第1話の世帯平均視聴率は5.8%、個人平均視聴率は3.1%(共に関東地区)でした。

『ボクの殺意が恋をした』は、5歳の頃に両親を失った主人公・男虎柊(おのとら・しゅう)が、表向きは清掃会社の経営者で、実は伝説の殺し屋という父親の親友・男虎丈一郎に育てられ、何者かに殺害された丈一郎の仇を討つために、殺し屋家業を継いで犯人の殺害を計画するものの、犯人とされる人気漫画家・鳴宮美月と恋に落ちてしまうというオリジナル脚本のスリリング・ラブコメディ作品となっています。

ドラマの脚本は、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』、ドラマ『僕たちがやりました』『海月姫』『グッド・ドクター』『ルパンの娘』など、数多くの作品を手掛けている人気脚本家・徳永友一さんが担当しています。

タイトルとURLをコピーしました