春の胸キュンドラマは『着飾る恋』が勝利!TBS恋愛ドラマ枠が好調のワケ

芸能
スポンサーリンク

 

キュンキュンしましたよね!

 

濃いピンクのセットアップにグリーンのカーディガンで表参道を歩く川口。隣は劇中で姉御と慕う夏川結衣

川口春奈×横浜流星『着飾る恋には理由があって』が終了した。

実はライブとタイムシフトを合計した総合視聴率では、F1(女性20~35歳)が最もよく見たドラマだった。春クールは恋愛ドラマが5本並び、『ドラゴン桜』や『イチケイのカラス』も絶好調だった。

その中にあり若い女性を魅了した同ドラマは、TBS火曜夜10時枠が築いてきた“胸キュン”路線の一つの到達点であり、テレビ界にとって大きな意味を持つと言えそうだ。

  • F1が最も見た恋愛ドラマ

この春クールはドラマが豊作だったという声が多い。

阿部寛『ドラゴン桜』・竹野内豊『イチケイのカラス』・玉木宏『桜の塔』と、おじさんが主演したドラマが世帯視聴率で二桁と活躍した。同時に視聴率こそ一桁だったが、5本の恋愛ドラマや『ネメシス』『コントが始まる』なども若者の間で話題となった。

SNSではドラマ復権を示すつぶやきが少なくない。

「今クールはドラマを私史上1番観ています」
「今回、面白いドラマありすぎではー」
「今期めちゃめちゃドラマ見てる」
「この春の見たいドラマ多くて毎日楽しみだったけど、次々に最終回を迎えて寂しいー!」

ただしテレビ番組の指標となってきた世帯視聴率では、今クールのドラマは決して高いわけではない。視聴者は今や、ライブで見るほかに録画再生や見逃しサービスなどで見る人が多い。ドラマによっては、リアルタイム視聴よりタイムシフトの方が多い番組も珍しくない。特にやりたいことが多くて忙しい若者ほど、自分の都合にあわせて見るタイムシフト視聴の割合が高くなっている。

 

タイトルとURLをコピーしました