KinKi Kidsの堂本剛が吉岡里帆に「よくわからないけど、キュンキュンした」!?クールな姿だけど素朴な姿に絶賛の声

芸能
スポンサーリンク

 

今回は、日本グミ協会の会長・武者慶佑氏と、グミアーティスト・バーディー氏が登場し、吉岡にオススメの商品を紹介。KinKi Kidsとともに、さまざまなグミを食べていく流れとなった。

剛は、自身の後ろに並ぶさまざまなグミから「ピュレグミグレープ」を選び、「僕これはよく食べていた」と告白。一方、光一が「俺、硬いの好きなのよ」と明かすと、吉岡は拍手をして大喜び。「弾力が私、グミにとってすごく大事だと思ってる派閥なんですよね」「光一さんと分かり合えそうです」と語っていた。

また、吉岡は幼少期、ドライフルーツや炒った豆などオーガニック系のお菓子を食べる家庭だったが、友達の家で「ハイチュウ」を食べた時に衝撃を受けたのだとか。当時の夢は「ハイチュウでつくったお菓子の家がほしい」だったと語ると、光一が「通じるかわからへんけど、プールにスライムをはって、そこに飛び込みたい」のと同じ願望だと言い、「あー、でもそれに近い」(吉岡)「ちょっとわかるやろ?」(光一)と意気投合していた。

あらゆるグミを食べ尽くした3人だったが、番組の最後に剛は「日本グミ協会に入れば?」と、吉岡に提案。そして、大手メーカーの5種類のグミを目を瞑った状態で触って、全部当てれば「日本グミ協会」に入会という「効きグミ」を実施した。「ピュレグミ」「果汁グミ」「コロロ」などの商品が出題されたが、吉岡は5問すべて即答で正解。

これには武者氏も「おみそれしました」と驚き、剛も「感情的になんかよくわからないけれど、カッコよかったです。ちょっと一瞬キュンとしました。やってること結構シュールなんですけど、カッコいいと思いました」と称賛していた。

 

 この放送にネット上では、「グミだけで番組が1本できるのすごい。KinKi Kidsの2人もテンション上がっててかわいかった!」「スライムプールに入りたい光一さん、心が少年すぎる(笑)」などのコメントが寄せられた。

タイトルとURLをコピーしました